2018年10月9日(火)薬物乱用防止のチラシ配り

2018年10月9日(火)朝7時から
福山駅前で、薬物乱用防止のチラシ配りをしました。

 

 

7月の豪雨災害の支援物資を届けに

2018年7月29日(日)
福山ピースライオンズクラブ 占部裕(地区GMTコーディネーター)が クラブを代表して

支援物資(飲料水288本)を正田キャビネット副幹事へ届けました。

正田キャビネット副幹事から被災地へ支援物資を届けてくださいました。

 

2018年9月28日(金)第2回災害ボランティア活動

9月7日に1回目の災害ボランティア活動を行った際に、
藤井委員長の「次回も行きます、例会に提案します」の宣言通り、
本日2回目の活動を行いましたが、現状はまだまだです。

本日の作業は、前回に比べて重労働ではなかったです。
この作業でしたら 参加できる方も増えるとおもいます。

会員に加え、企業留学生4名も参加してくれました。
ボランティア精神は世界共通ですね。

2018年8月7日「第60回例会(納涼例会)」

2018年8月7日(火)

例会の後 みやびにて納涼会を開催しました。
会員の皆様と楽しいひと時を過ごしました。

 

2018年9月12日「第62回 CN2周年記念特別例会」

CN2周年記念特別例会が無事執り行われました。

来賓の皆様にはお忙しい中お越しいただきまことにありがとうございました。

剣道連盟・ゼノ少年牧場「こばと園」・エキップティランへ記念事業を行いました。

 

災害ボランティアに参加しました

三原市災害ボランティア活動に参加しました。

 

2018年9月7日(金)

若手クラブメンバー10名で三原市災害ボランティアセンターを通じ
本郷町船木地区の災害ボランティア活動に参加してきました。

場所は、山陽自動車道本郷インターを降りて左方向に坂を下ったところから、
沼田川沿いを山陽新幹線の高架辺りまで行った間で、その中の民家2軒で活動しました。

今回の豪雨災害では最も被害が大きかった坂町小屋浦、
岡山県真備町ばかりが報道され、
この本郷町辺りが大きく報道されることはあまりありませんでしたが、
現地に行って現状を目の当たりにすると、
その被害の大きさと悲惨さにただ言葉を失うばかりでした。

沼田川東側土手には県道33号線沿いに、高さ約約1mの金網フェンスが張られていますが
、その金網にびっしりと枯れ草が張り付いていました。

しかもその枯れ草はほぼ水平状態、つまりそれはこの高さまで濁流が達したと同時に
相当な速度であったことが容易に想像できます。
土手の東側は土手よりかなり低い土地が広がっています。

そこには多くの家屋が点在していました。
これらほとんどの家屋にこの凄まじい濁流が流れ込み、
2階にまで達したことがありありとうかがわれる、そのような状況でした。

我々が派遣された先の民家での活動は、主に床下のヘドロ、壁の泥、
1階天井の石膏ボード等の除去作業でしたが、地道な作業でなかなか前に進まない上、
ボランティアセンターの方に伺うと、
平日はボランティア参加者も少なく作業がはかどらないとのことでした。

我々クラブメンバーは再度、平日に参加したいと考えています。

最後に、ボランティアセンターに何日も滞在して手伝いに当たっている茨木から来た
女子大生、また災害発生時以来、三原市内で自ら営むお好み焼き店を休業し
毎日民家の床下のヘドロ掻き出し作業を行っている女性、
愛知県から車で来て作業している若者達などが
いたことも心に残っています。

YCE・国際関係委員会 平和・アラート委員会
委員長 藤井寿人

 

献血の協力をお願いします。

2018年9月5日(水)に、福山国際ビジネスカレッジに
献血車がやってきますので、献血のご協力をお願いします。